潰してしまったことが原因で跡が残ってしまった

中学生ぐらいの頃から赤ニキビが出来始めて以来、赤くなって目立つ跡が残り続けていることに悩まされています。

 

特にフェイスラインや顎にかけて目立つ色の跡が多いのですが、小さいものを含めると頬やおでこにもあり、コンシーラーで全部を隠そうとすると顔のほとんどをカバーしなければいけないほどです。

 

昔からニキビを潰すのが癖で、小さいものでも大きなものでも無理やり皮脂を絞り出したり、芯をとったりしていました。

 

新陳代謝が活発だった若い頃は跡が残ってもわりとすぐに目立たなくなったため、気にしていませんでしたが、大人になってもその癖が治らず、固い大人ニキビも同じように潰したりしていたので、傷が出来、跡が残っています。

 

昔に比べると皮膚のターンオーバーも遅くなったため、薄くなるのに時間がかかり、生理前には必ずニキビができてしまうので、やっと治ったと思ったところに繰り返しダメージが蓄積して、なかなか完全に跡が消えることがありません。

おすすめはビタミンC誘導体

ニキビ跡を薄くするにはそもそもニキビを作らないようにすることと、皮膚の生まれ変わりを助けることが大事だと思ったので、ビタミンC誘導体を含むシミ対策に特化したスキンケア用品を使うようになりました。

 

ビタミンCには皮脂を抑えつつ、炎症を抑える効果があるので赤く残ったニキビ跡にはぴったりです。

 

ニキビ跡を薄くするのに時間がかかるのは仕方がないことなので、手頃な値段で継続して続けられるものとして私はシーボディのVC200を使っていました。

 

初回は確か1000円程度で買うことができるので、ビタミンC誘導体が肌に合うかどうか心配な方でも大丈夫です。

 

私は主に化粧水と美容液を使っていて、お風呂上がりと朝の洗顔後につけています。

 

顔全体につけることがほとんどですが、特にニキビ跡やニキビが気になる部分は重ねづけしてつけています。

 

使用を続けてまだ1ヶ月程度ですが、肌全体が白くなってきました。

 

肌が白くなるのと同時にニキビ跡も少し薄くなり、目立たなくなってきているように思います。

 

ニキビは頬などにできるニキビが減ってきて、できても赤みがないものがほとんどです。

 

ビタミンC誘導体を取り入れるようになったことによって、皮脂抑制効果や抗炎症作用によって、繰り返すニキビができにくくなりつつ、症状が緩和されていることを実感することができています。

 

また、ビタミンC誘導体は皮脂抑制効果もあるので皮脂が多い方にいいのですが、乾燥しやすいタイプの方には刺激の少ないAPPSというタイプのものを選んでみて下さい。

 

 その他のビタミンCコスメやAPPSについてはこちら ニキビ跡にはビタミンC誘導体の化粧水や美容液が絶対おすすめ!

 

同じビタミンC誘導体でもいくか種類があって、それぞれに一長一短があるので、ご自分の症状や肌質に合うものを選ぶようにしましょう。